蕎麦を主食にして糖質を抑え、タンパク質を多めにとる食生活

炭水化物、特に米が好きでそれが原因で太っていたので米を完全に抜きました。
しかし、人間は完全に炭水化物ないし糖質を抜くと健康に影響がでるので、その代わりに蕎麦を主食にするようにしました。
朝からそばを食べる気分にはなかなかなれなかったので朝はプロテインバー、昼は蕎麦、
夜はキムチ納豆と卵をかけた蕎麦とタンパク質(鳥胸肉、野菜、ヨーグルト)をという献立で毎日生活しています。

糖質を制限し、低カロリー、高タンパク質な食事を心掛けています。
蕎麦は、炭水化物ではありますが低GI食品と呼ばれ急激な血糖値上昇を防いでくれます。
また、ただ単にカロリー制限を行うと筋肉も減ってしまうため筋肉を維持、
また増やしていくためにもタンパク質摂取は必須なので様々な方法で肉類を食べるようにしています。

一番メインにしているのは鶏肉です。低カロリーな胸肉ですがあげたりいろんな味付けをしてしまうと結局カロリーオーバーしてしまうので、
ゆでたり蒸したり、より低カロリーになる方法を用いて食べるようにしています。

どこでも手に入りやすい材料で、簡単ダイエットレシピ♪

ダイエット中でも食事はボリュームのあるメニューを食べたいものです。
そこでおすすめメニューの一つが「豆腐ともやし」を使ったメニューです。材料はもやし、木綿豆腐、キムチ少々です。
スーパーで買い物をする場合は、豚バラを、近くにはスーパーがない場合は、コンビニで買い物をする場合はベーコンやハムを選ぶと良いでしょう。
最初の3つはスーパーでもコンビニでも手に入りやす材料です。

作り方はまず、豚バラ、またはベーコンをフライパンで焼きます。軽く焼き目がついたら、
水切りした木綿豆腐を一口大に切って、上に載せてフタをして中火で30秒ほどほど蒸します。
次に、もやしを1/2袋上から載せて、めんつゆを大さじ1回し入れて、再びフタをして1分ほど蒸します。

最後にキムチを30グラムほどもやしの上に載せて完成です。チーズがある場合はキムチの上に載せると、味がまろやかになります。
ボリュームがありますが、どの材料も糖質が低いので、満腹感が得られるのでおすすめですよ。

簡単柔らか鳥胸肉のサラダチキンで高タンパクヘルシーダイエット

炊飯器とスーパーなどで肉や魚をいれるようなビニールがあれば簡単かつおいしいサラダチキンができます。
鳥胸肉は高タンパクでヘルシーなのでダイエット向きな食材です。タンパク質をとることで満腹感も得ることができます。
作り方は、まず鳥胸肉を平たく切り広げます。次に塩コショウや塩レモンなどお好みで味付けをします。
ビニール袋に鳥肉を入れたら空気をなるべく抜いた状態で口を閉じます。ビニール袋の中で味つけをして揉みこむと楽です。

炊飯器にビニールにいれた鳥胸肉をいれ、浸かる程度の水を入れたら保温モードで3時間程放置します。
お湯をいれた場合は火の通りが早くなるので時間短縮できます。
火がちゃんと通ってるか心配な場合は途中裏返したり開けて確認しても構いません。

火が通ったら袋から出して適当な大きさに切ったり割いたりして野菜の上に盛り付けたり、ごはんに一品にしても良いと思います。
茹でるとパサつきがちな胸肉ですが保温モードでじっくり火が通るのでパサつきが抑えられます。
また、味噌マヨネーズ味などいろんな味を楽しめるので私は飽きずに続けられました。舞茸と一緒に入れるともっと柔らかくなります。

低温調理機や温度管理できる蒸し鍋など特別な器具もなく、コンビニ等で買うより
スーパーで胸肉が安いときにまとめ買いしていろんな味で作り置きしておけば冷蔵で数日持ちますし、
冷凍した場合は自然解凍すれば良いので保存もきいてコスパもよかったです。

糖質カットでダイエット。 おすすめレシピ&食材

糖質制限や糖質カットに挑戦される方におすすめレシピをいくつか。
朝はスムージーはいかがでしょうか?(ミキサーが必要ですが)
牛乳200くらい、バナナか冷凍ブルーベリー適量、無糖ヨーグルトと黒ごま大さじ2、粉末青汁、プロテイン、少々糖質はありますが、
ものすごく腹持ちもよく、快便快腸になります。

昼食や夕食レシピにおすすめ、レタス、茹でたブロッコリーお好きなだけ、水にさらした玉ねぎ、
これにツナやサバ缶、サラダチキンなどお好きなタンパク質をたっぷり、塩昆布を少し混ぜて、黒胡椒と多めのエキストラバージンオリーブオイルを。
腹ペコの夕食にはステーキを載せても満足します。ゆで卵を添えても。
素材ごとに用意するのはやや手間ですが、ダイエット中でも満足します、たっぷりの水分と一緒に。

レシピではありませんが、おやつや間食におすすめはチーズ。
ナチュラルチーズでもプロセスチーズでもよいと思いますが、やや疲れの溜まる夕方などにはプロセスチーズの塩気がちょうど良いかも。
思ったよりお腹にたまるので、空腹でいらいらすることがありません。

2番目のおすすめはナッツ類です。ミックスナッツなどを適量。
塩分の取りすぎには注意ですが、いつものチョコレートをこれに変えるだけけでも効果があるかも?是非お試しを。
あれば生の葉物野菜(小松菜やほうれん草、アボカドでも!)少々。